2007年01月21日

お詫び広告の書き方

お詫び広告は、ユーザーなどに迷惑をかけたことを詫びるのは当然ながら、「何がおこったのか」「なぜそうなったか」を説明し、「その対応をどうするか」を告知するものでもあります。

その中で、ユーザーに何かお願いする場合は、なるべく負担をかけないよう考慮するとともに、「どのようして欲しいのか」を分かりやすく書く必要があります。

新聞のお詫び広告の場合は、スペースに限りがあるので、過不足なく簡潔に書くことが必要となります。
一般にお詫び広告が定型文的な文章になるのは字数の制限があるためで、多分に致し方ないところはありますが、お詫び文は、紋切り型にならぬように誠意を行間にこめた文章とすることが必要となります。

この場合は、過去の広告事例などを参考に必須項目を残らず当てはめるようにして原稿を作成します。また、必要項目のリストをつくることが、煩雑さの回避に役だつでしょう。

Webお詫び広告情報サイトあどわび.comでは、広告掲載フォームを用意しております。各項目に必須事項を入力するだけで、必要十分なお詫び広告を作成できるようになっています。

また、あどわび.comでは、インターネットのメリットであるハイパーリンクや画像(写真・イラスト)を多用することで、より事態の説明と対応に重点をおいた内容とすることが可能となります。

お詫び広告の書き方の続きを読む

サイト内検索