2007年01月21日

お詫び広告とは

企業(団体)が、社会やユーザーに対して損害など迷惑をかけた場合、または、迷惑をかけるであろうと予想される場合に、その経緯を説明し、その対応を告知するものであり、被害の拡大を阻止し安心を与えることを目的とするものである。

通常、「お詫び」と「お知らせ(お願い)」が対になった広告をさし、謝罪広告とは一線を画すものであるといえる。

お詫び広告のメディアとしては、新聞や雑誌、テレビ・ラジオ、インターネットなどが考えられるが、お詫び広告の主たる目的は、事実の公表と適切な対応にあるので、なるべく早く対象者に告知できる媒体を選ぶことが重要であろう。

お詫び広告の種類として、自動車や一般製品のリコール、公正取引委員会の排除命令にもとづく公示、告知済み情報の訂正、開催の延期・中止、予想される事故の対応などがある。

それぞれの事象ににあった適切な対応がもとめられ、お詫び広告の書き方にも工夫が必要となる。

 →【あどわび.comへの掲載について】

サイト内検索